文字のサイズ

小 中 大

山田家文書/中内田村会議事細則及傍聴心得

所蔵 菊川文庫
タイトル 中内田村会議事細則及傍聴心得
フリガナ ナカウチダソンカイギジサイソクオヨビボウチョウココロエ
形態 10ページ
概要 明治12年4月、中内田村は月岡村・耳川村と連合して戸長役場を設置した。中内田村会は三読会制度や多数決、議事における討論のルールなどを明記した本史料「中内田村会議事細則及傍聴心得」を作成して県令の認可を得たのち、開会した。議員の一人一票による多数決や、収入・支出の予算審議権を備えた議会が町村レベルに生まれたことが資料から読み取ることができる。
その他 詳細な画像はふじのくにアーカイブで公開を予定しています
次のページ
前のページ